エイバースの中の人

株、不動産、機械学習など。

カテゴリ: ライフハック

マンション系で久々に素晴らしい本に出会ったのでレビューです。「マンションは10年で買い替えなさい 人口減少時代の新・住宅すごろく」、不動産の売買履歴が分かるサイト、住まいサーフィンを運営する沖有人さんの本です。



マンションにおいて、賃貸が得か、購入が得かというのは永遠の議論で、ケース・バイ・ケースというのが大抵の本の結論なのですが、この本では、うまく物件を選ぶことで購入が圧倒的に得になると説いているのが新しいです。

理論としては簡単で、10年後に購入時と同じ価格でマンションを売却できた場合、10年間、無料でそのマンションに住めたことになります。全額、現金でマンションを購入していた場合、投資資金に対して、家賃分だけ配当が得られたことになります。さらに、住宅ローンを組んで財務レバレッジをかけることで、自己資本に対するその利回りは数倍となり、10%近くの利回りも現実的になるというものです。

例えば、秋葉原では、TokyoTimesTowerパークタワー秋葉原TowerResidenceTokyoの3物件が、分譲価格よりも高く取引されており、これらの物件を購入した人は、売却することで、無料で住むばかりでなく、むしろお金をもらって住んでいたことになります。

後は、いかにして、値崩れしない物件を選ぶかという話になります。ここが本書の充実している所で、住まいサーフィンに蓄積された売買履歴データから、立地や駅距離、マンションの階数、坪単価などに応じて、得した人の割合と、損した人の割合が掲載されており、このデータを見ながら物件を選択することで、値崩れしない確率を上げることができるようになっています。(住まいサーフィンにも類似のデータがあります)


IMG_0388


ポイントは、高額物件ほど希少価値が維持される確率が高く、不動産は安物買いの銭失いになりやすいという点です。従って、適正な範囲で、最大限の住宅ローンを組むことが、結果的にはリスクを低下させます。直感的にはリスクを最小化させるために、出来るだけ少ない住宅ローンを組みたくなってしまいます。しかし、このようなオペレーションでは、将来的に物件の値下がり確率が上がり、結果的にはリスクを上げてしまっていることを示唆しています。

もちろん、今後は、人口減少社会なので、日本全体として、長期的には不動産への需要が減っていくのは確実です。しかし、都心回帰・職住近接の流れがあり、それにインフレも加わるため、都心部に限っては、比較的、安定した需要が期待できるのではないでしょうか。

全ては自己責任なのですが、このように不動産をうまく活用して、資産形成していくのも一つの戦略かなと思います。

ちなみに、投資用不動産への投資は総合課税の税金分だけ利回りが低下するため推奨できず、自己居住の実需向け不動産に特化した方が税金も掛からず、利回りが高くなると明言されています。株式投資の次のステップとしては、投資用ではなく、自己居住の不動産の方が面白そうです。

iPhone5の最大の欠点はSuicaが使えないこと、ということで、ケースとViewSuicaカードを使っておサイフケータイにしてみました。

コンセプト


基本的なコンセプトとしては、iPhoneのケースにオートチャージのSuicaを入れて使います。ただ、普通のケースだと、どれも過剰に装飾されていて、iPhoneのデザインを崩してしまいます。そこで、Half for iPhone5を使います。



従来のLOCO High Glossy Caseよりも、とても薄く、軽くなっています。

IMG_0055




Half for iPhone5には電波干渉防止シートが含まれているので追加の出費も無くお買い得です。これは、iPhoneとSuicaの間に挟み込むシートで、iPhoneの発する電波によってSuicaが読み込めなくなるのを防ぎます。

チャージ


ケースに入れてしまうと、駅の券売機ではチャージできなくなるので、ViewSuicaカードのオートチャージ機能を使います。オートチャージ機能では、Suicaの残高が一定金額以下になると自動的にクレジットカードからチャージされます。さらに、モバイルSuicaには無いメリットとして、1.5%分のポイントが付きます。ViewSuicaカードは種類があるので、好きなものを選ぶといいと思います。個人的には、年会費無料のビックカメラSuicaカード年会費500円のアトレカード年会費1000円のルミネカードがオススメです。僕はルミネカードを使っています。ビックカメラSuicaは定期券にはできないので注意です。

しかし、オートチャージにも欠点があって、コンビニでは残高が少なくなってもオートチャージされません。そこで、WEBからチャージするために、Suicaインターネットサービスに登録します。これは、Windows PCとIEとパソリが必須です。また、ViewSuicaカードからしかクレジットチャージはできません。



最近、Bluetoothで使えるパソリも発売されましたが、Edyしかチャージできず、Suicaのチャージはできないので注意です。

まとめ


ということで、iPhone5で快適おサイフケータイ生活しています。コンビニや電車でサイフを出さなくてよいというのは、想像以上に快適です。

さらに強者の技としては、Suicaカードを溶かして、基盤だけを取り出して、iPhoneを分解した中に組み込むというのもありますのでお好みと自己責任でこちらもどうぞ。

最近、コミックシーモアでコミックを読んでいて、意外と電子媒体もいいものだなぁと感じたので、手持ちのコミックの自炊をはじめました。

スキャナは王道のScanSnap S1500Mです。



CanonのImageformulaと迷いましたが、何より、AdobeのAcrobatProfessional9が同梱されていることが大きすぎました。最新の10の一つ前のバージョンですが、普通に買うと5万円近くするソフトが3万6000円のスキャナに同梱されていて、Adobeにシリアル登録もできるのでお得すぎます。pdfの結合やページの並べ替えなどの基本的な機能はlionでも問題なく動いています。



想像以上にコンパクトに配置できます。デザインも白でかわいい感じ。

IMG_0130


断裁機はカールのディスクカッター。PLUSの断裁機は大きすぎそうだったので、収納しやすそうなのを選びました。ボックスを上下にスライドさせてカットするので、指が入り込んでしまうことなどもなくて安全です。



うちの収納場所は電子レンジ(ヘルシオ)の上になっております。

IMG_0134


断裁は素手でカバーを取った後、糊付け部分をディスクカッターでカットします。次の動画を参考にしました。意外と素手で断裁できるものです。



20枚ぐらいごとに小分けして、断裁していきます。

IMG_0182

スキャンは、iPad3向けにスーパーファインで行いました。コミック1冊で大体100MB程度になります。

IMG_0183


スキャンしたpdfはDropBoxGoogleDriveなどのオンラインストレージに置いておきます。こうすることで、バックアップになり、技術書を会社でブラウザから読めるようになります。

自炊データが出来たら、次はビューワの選択です。現状のベストの自炊ビューワ端末は、新しいiPadです。

IMG_0169


Retinaディスプレイの力は素晴らしく、ランドスケープで見開きで表示させると、現物のコミック以上に綺麗に見えます。自炊したコミックは一冊100MBほどになるので、できるだけ大きな容量のiPadを買っておくとよいです。僕は、SimFreeのiPad 64GBIIJ mioの980円simを挿して使っています。ケースはSkinnySleeveを愛用中。



Androidであれば、DropSyncPerfectViewer+PDF pluginの組み合わせがオススメです。自動的にDropBoxに入れたコミックをバックグラウンドでダウンロードしてくることができます。端末は、電車で読むにはGalaxyNoteがオススメです。液晶は5.3インチですが、文字が小さいと感じることもなく普通に快適にコミックを読めます。

IMG_0138


Kindle4はコミックを読むには
・解像度が低い
・容量が少ない
・画面切り替えで暗転する
・上下左右の余白が大きい
の4点でちょっと微妙でした。コミックではなく、英語のビジネス書とかを読むのに使う方がよい感じです。液晶サイズはGalaxyNoteよりも大きいのですが、余白が入るせいで、実際の表示サイズはGalaxyNoteと変わりません。

IMG_0168


現状で一番オススメの自炊ビューワは、新しいiPadですが、将来的には、7インチのiPad miniか、Nexus 7あたりが本命になるかもしれません。

自炊ビューワであるiPad3へのデータの転送は、オンラインストレージからアプリ経由でダウンロードしてくる方法と、iTunesで直接転送する方法があります。

アプリ経由で行う場合は、DropBoxに置いたコミックを、ComicGlassのDropBox連携機能でiPad3に同期します。



IMG_0133


アプリはi文庫がメジャーですが、個人的にはi文庫よりもComicGlassの方がシンプルな構成で好きです。

冊数が多くなってくると、DropBoxとの同期にかなり時間がかかるので、iTunesにファイルをドロップして同期します。GoogleDriveなど、対応アプリの少ないオンラインストレージを使う場合も、直接ファイルをドロップして同期します。

itunes


DropBoxとGoogleDriveの選択ですが、アプリ連携を重視する場合はDropBox、コストを重視する場合はGoogleDriveになると思います。僕個人としては、最初はDropBoxで使ってたのですが、自炊データが15GBとかになってきたので、GoogleDriveの月2.49$のプランに乗り換えました。DropBoxだと、100GB月9.99$のプランしかないのですが、GoogleDriveだと、100GB月4.99$、25GB月2.49$と、よりお安く使えます。(比較サイト)アプリの対応はDropBoxの方が充実していますが、ネットワーク同期は遅くて結局、手動同期になってしまっているので、GoogleDriveでも快適に使えています。

ちなみに、AndroidでGoogleDriveを使う場合は、DropSyncを使えないので、Onairを使ってワイヤレスで自炊データを転送するのがオススメです。

IMG_0184

ということで、200冊ぐらい自炊してみましたが、意外と手軽にできます。このまま続けて、本棚の無い広々とした部屋を目指していこうと思います。一度自炊した書籍は一生使えるわけで、早く始めれば始めるほど、ライブラリが充実してきて、その差は広がる一方になりそうです。これは完全に書籍版のiPodで、音楽の楽しみ方がiPodで変わったように、書籍の楽しみ方も自炊で変わっていきそうですね。

後、説明書などを自炊してしまって、紙を捨てるのも地味にオススメです。片付きます。そして、ついに本棚を処分してしまいました。部屋が広くなりまくりです。

IMG_0203


ちなみに、ScanSnapに付属するAcrobat9の最新版はversion9.5.1です。同梱されているAcrobat9はオートアップデートには対応していませんので、下記のAdobeのページからアップデートファイルをダウンロードして、手動でアップデートする必要があります。

http://www.adobe.com/support/downloads/product.jsp?product=1&platform=Mac

version9.1.1のアップデートを適用するにはversion9.1.0をインストールする必要があるため、10個以上のアップデートファイルを順番に適用していく必要がありますが、最新版に上げておくと何となく気持ちいいです。

自炊といえば@ushigyuさんということで【保存版】本の電子化(自炊)ならこの記事だけ見ればOK!なまとめ 〜裁断、スキャンから処分まで徹底解説〜もオススメです。






↑このページのトップヘ