エイバースの中の人

アプリとWEBサービスを作っているABARSのBLOGです。

エイバース

SakuraVPSからGCE f1microへの乗り換え

ABARSのWEBサイトを、SakuraVPSからGCEのf1microに乗り換えました。当時は2010年にSakuraの専用サーバからSakuraVPS 512MBに乗り換えて、かなりコストダウンになったのですが、GCEのf1microではついに無料になりました。

スペック的には、当時のVCPU 2コア+SSD 20GB+メモリ512MBから、VCPU 1コア+HDD 30GB+メモリ512MBへの移行になります。WordPressやMySQLを使わないレガシーなサービスしか動かしていないため、メトセラのゲームサーバを動かしても、GCEのf1microでもCPU使用率は余裕がありそうです。

Sakura VPS

スクリーンショット 2018-12-30 10.07.52


GCE f1micro

スクリーンショット 2018-12-30 10.06.08


静的なWEBサイトを動かす分には、かなりお得です。

セットアップは下記サイトを参考にしました。
GCE の無料枠のサーバを立るときに、初見でハマりそうなところ

なお、GCEはFTP接続できないので、SFTP接続が必要になります。
GoogleComputeEngineのVMインスタンスにFTP接続しようとして奮闘した話 結局SFTP

今回、CentOS7にして、Let's Encryptを使用してhttps対応もしました。
CentOS 7 + Apache 2.4 に Let’s Encrypt の証明書を導入する手順

東証のXBRLのパーサをオープンソース化しました

東証のXBRLのzipをパースしてBSとPLを抽出するパーサをオープンソース化しました。
abars/xbrl2bspl

アーキテクチャは以下を参照下さい。
XBRLからネットネット株を探す

TDnetViewをオープンソース化しました

iOSとAndroidでリリースしている東証の適時開示情報ビューワをオープンソース化しました。プルリクエストも受け付けていますので、機能追加したい場合はプルリクエスト頂ければと思います。また、フォークして別バージョンを作成頂いてもよいかと思います。

TDnetView for iOS
TDnetView for Android

SBI証券の投資成績を集計するツールを作りました

SBI証券の譲渡益税明細から取得できるCSVを入力して、投資成績を集計することができるツールを作成しました。

まず、口座管理->取引履歴->譲渡益税明細から、対象期間のCSVをダウンロードします。

sbi


次に、TDnetSearchにアップロードすると、集計結果が表示されます。

csv


集計結果はテキストで取得することもできるため、簡単にBLOGに貼り付けることができます。

2016年の投資結果を分析して、2017年の投資につなげていければと思います。

バランスシート分析サービス BS Analyzerを公開しました

企業のバランスシートを分析してランキングを作成することができるBS Analyzerを公開しました。

bs_analyzer

BS Analyzerは、企業の四半期決算を分析して、任意の計算式でランキングを作成できるサービスです。計算式には時価総額を入力できるため、ネットネット倍率でもランキングすることができます。

これにより、時価総額よりも多くの現金を持っている銘柄を簡単に抽出することができます。

まだ2016年5月以降に公開されたXBRLしか対応していませんが、3ヶ月後には各企業のXBRLが出揃い、実用的になってくるのではないかと考えています。

XBRLからネットネット株を探す

ネットネット株とは、企業の換金性の高い資産から、負債を引いた値が、時価総額よりも大きい銘柄のことです。PBRには、在庫やのれんなど、換金性の低い資産が含まれるため、これらの影響を除外して、安全側に寄せて考えることで、真の割安株を抽出することができます。

ネットネット株かどうかを判定するには、企業が公開しているバランスシートを使って、手動で計算する必要があります。しかし、東証は適時開示でXBRLを公開しているので、これを解析することで、バランスシートの分析を自動化することができます。

XBRLはzipファイルとなっており、展開すると、複数のhtmlファイルが出てきます。この中にある、bsというIDを持つファイルがバランスシートです。

XBRLにはタクソノミという定義があり、勘定項目ごとに、タグに設定するnameが規定されています。例えば、現金及び預金はjppfs_cor:CashAndDepositsです。これを利用して、htmlから正規表現で勘定項目の値を取得することができます。

今回は、以下のような正規表現を用いました。

it = re.finditer("<ix:.*contextRef=\"Current[a-zA-Z_]*\".*name=\""+item+"\".*?>([ 0-9,]+)<", line, re.DOTALL)

また、千円単位か、百万円単位かというのは、scaleという要素に設定されています。

it2 = re.finditer("scale=\"([0-9]+)\"", m.group(0), re.DOTALL)

これを使って、東証のXBRLを解析した例は以下です。

オリバー - 平成28年10月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

TDnetSearchでは、XBRLを含む決算短信に、ANALYZEリンクを表示します。これをクリックするだけで、バランスシートを読まずに、ネットネット株かどうかを判別することができます。pbrクエリである程度絞り込んだ後に、ネットネット株かどうかの分析をして確度を上げるのがオススメです。

今後は、四半期決算を蓄積したタイミングで、割安度ランキングを作成してみたいと思います。

---
2016/6/5追記
ネットネット倍率のランキングを計算できるBS Analyzerを公開しました。

2018/7/18追記
XBRLのパーサをオープンソース化しました。
abars/xbrl2bspl

TDnetViewのiOS版をリリースしました

東証の適時開示情報をアプリで確認できるTDnetViewのiOS版をリリースしました。プルダウンで新着情報を取得できる他、お気に入り企業の新着情報の通知や、開示情報の全文検索にも対応しています。ぜひ、ご利用下さい。

IMG_1687IMG_1691





TDnetViewに全文検索機能を追加しました

東証の適時開示情報を閲覧できるAndroid向けアプリ、TDnetViewにPDFの内容を検索できる全文検索機能を追加しました。従来はタイトルと企業名での検索しかできませんでしたが、より詳細に開示情報を検索することができます。また、適時開示情報のプレビューを行えるため、PDFを開かなくても、ざっくりと内容を確認することができます。

Screenshot_2015-10-18-19-59-34

今回のアップデートに合わせて、サーバ側にPDFを保存するようになったため、東証の掲載期間である一ヶ月を過ぎた開示情報も閲覧できるようになりました。尚、検索と保存対象は、2015年9月17日以降の開示情報となります。

ダウンロードは以下からどうぞ。

Get it on Google Play

iPhoneやPCからは、Web版のTDnetSearchがご利用頂けます。

適時開示情報の検索サービスを公開しました

東証の適時開示情報を検索できるTDnetSearchを公開しました。TDnetViewのバックエンドにWebインタフェースを付加したものになります。

top

TDnetSearchを使用すると、業績予想の修正で検索したり、株主優待情報で検索したりすることができます。もちろん、三井倉庫などの銘柄名で検索することもできます。

incentive

皆様の投資ライフにご活用頂ければ幸いです。

2015年12月15日追記:スクリーンショットを最新版に差し替えました。昔のスクリーンショットは以下。最新版はAndroidアプリとカラーテーマを合わせて綺麗になりました。

tdnetsearch

適時開示情報閲覧アプリ(TDnetView)をリリースしました

Androidで東証の適時開示情報を閲覧できるアプリ、TDnetViewをリリースしました。

TDnetView
ABARS
価格:無料


個人的に株式投資をしていることもあって、毎日、東証の適時開示情報を見ているのですが、既存のAndroidアプリには以下の問題がありました。

・Android 5.0では通信エラーが発生して閲覧できない
・PDFをAdobe ReaderではなくGoogle Docsで開こうとする
・ワンタップでPDFが開けない
・マテリアルデザインに対応していない
・広告が常時表示される

TDnetViewでは、これらの問題を解決し、快適に適時開示情報を閲覧できることを目指しました。以下のようにとてもシンプルな構成で、ワンタップでPDFをダウンロードして表示することができます。

tdnetview1

また、TDnetView独自の機能として、強力な検索機能があります。2014年12月以降の適時開示情報を蓄積しており、任意のワードで検索が可能です。そのため、以下のように、株主優待に関する情報だけを抽出するようなことが簡単にできます。

tdnetview2

ぜひ、ご利用頂ければと思います。

Get it on Google Play

イラブペイントのネイティブアプリ版をリリースしました

iPad向けの完全無料のお絵かきアプリ、イラブペイントをリリースしました。AppStoreからダウンロードすることができます。

イラブペイント
無料
(2013.12.04時点)
posted with ポチレバ

イラブペイント for iPadを使用すると、レイヤーやカラーサークルなど、高機能なお絵かきツールでイラストを描いて、カメラロールに保存することができます。また、カラーフィルタも搭載しているため、写真の明るさやコントラストも調整することができます。

IMG_0050


描いたイラストは、ボタンひとつでイラストブックに投稿することができます。従来、iPadでイラストブックを使用する場合、HTML5版の簡易お絵かきツールしか使用できませんでしたが、イラブペイント for iPadを使用することで、PC版と同等のツールでお絵かきができるようになりました。AdobeAirを使って開発しているので、PC版のツールは全て使えます。

イラストブックともども、ぜひ、ご利用頂ければ幸いです。

ride on GUILD WARSの開発中止とアルファ版の公開について

2011年からスマートフォンアプリ向けに開発を進めていたride on GUILD WARSですが、完全に僕の力不足で開発が難航し、完成の目処が立たなくなってしまったため、開発を中止することとしました。楽しみにして頂いていた方には大変申し訳ありません。

ただ、未完成ながら、ゲームとして動くところまでは進んでいましたので、アルファ版を、ブラウザで動くフリーゲームとして公開させて頂きました。以下のページから、HTML5に対応したブラウザでお試し頂くことが可能です。




ライドオンギルドウォーズのページ


今回、改めて、ゲーム開発の難しさを実感した次第です。未完成ながら、ひまお様の素晴らしいイラストや、ゆうねこ様のかっこいい音楽など、何か一つ、心に響くものがあると嬉しく思います。

Oculusで動くファンタジーRPGっぽいデモを作成しました

Oculus Riftで動くファンタジーRPGっぽいデモを作成しました。WindowsでもMacでも動きます。

dragon
操作方法は以下です。

アクションIDキーボード操作ジョイパッド操作
移動LeftStickカーソルPS3の左スティック
視点移動RightStickマウスPS3の右スティック
攻撃Fire1左コントロールPS3の□ボタン
ジャンプJumpスペースPS3のxボタン

demo
終了はESCです。Windows版は問題ないですが、Mac版は終了に失敗してしまうことがあるので、その場合は、Command+Option+ESCで強制終了して下さい。

water

デモをダウンロードする(Windows/Mac)

Surface ProでWacomTabletDataPluginを使う

Surface Proには、Wacomのfeel IT technologyが使われており、1024段階の筆圧検知が可能です。しかし、標準ではWinTabのドライバがインストールされていないため、ClipStudioでは筆圧が使えますが、SaiやPhotoShopでは使えません。

そこで、まず、Wacomのドライバページから、TabletPC->Windows8を選択して、TABLET PC – Enhanced Tablet Driverをインストールします。

この時点で、SaiやPhotoShopで筆圧が使えるようになります。さらに、Webブラウザからも筆圧を使えるようにするために、Wacom Tablet Data Pluginをインストールします。パッケージには32bit版と64bit版が含まれているので、両方インストールします。

これで、Chromeなどのブラウザからも、JavaScriptで筆圧が取得できるようになります。ただし、動作するのはデスクトップモードのみです。また、IE10はまだ対応していないようです。

これらの作業で、Surface Pro+Chrome+イラストブックで、筆圧を使ったお絵かきができるようになります。

参考:Surface ProでSAIやPhotoshopの筆圧検知を使うにはワコムの最新ドライバー"Enhanced Tablet Driver 7.1.1-12"を入れればOKです #SurfaceJP

イラストブックをPinterest風にリニューアルしました

イラストブックをリニューアルして、Pinterest風に、投稿されたイラストを全面的に押し出し、イラストを探しやすくしました。

new_design

トップページはこんな感じで、タグへの動線や、ソート順を操作できます。
メニューの色使いはWindows8のModernStyleっぽくしてみました。クリックすると動きます。
トップページのイラストは、漫画家の飯田のぎさんにいい感じに描いて頂きました。

new_design2

スクロールしていくと、イラストとコメントを一覧できます。
下までスクロールすると自動的に次のページが読み込まれるので、スムーズにイラストを探していくことができます。
レイアウトには、Creating CSS3 Image Ribbon Tagsを使用しています。

new_design3

マイページも、同じインタフェースに統一し、出来る限りシンプルに、分かりやすく構成しています。

IMG_0592



スマートフォン向けも、同様にインタフェースを統一しています。なにげに、スマートフォン版とPC版でトップページのイラストが違ったりします。

今後とも、イラストブックをよろしくお願い致します。

イラストブックへ行ってみる

HTML5お絵かきツールのUIを更新してエアブラシと画像アップロード機能を追加

イラストブックのお絵かきツールのHTML5版をバージョンアップしました。基本的にはiPadからの利用を想定しています。

一点目はUIの改良です。色の選択をカラーサークルで選択できるようにし、また、現在のペンサイズをスライダー上で確認できるようにしました。アルファバーもアルファ指定であることがわかりやすいようにブレンドしています。

IMG_0333


二点目はツールの追加です。ペンと消しゴムをそれぞれタップすることで、エアブラシとブラー消しゴムに切り替わるようになりました。これで、より写実的なイラストを描くことができるようになりました。

IMG_0332


三点目はローカルファイルのアップロードへの対応です。iOS6からFileAPIが使用できるようになったので、ローカルファイルを選択して読み込ませることができます。ただし、セキュリティ上の問題で、読み込んだファイルへのレタッチはできないようです。

PCから試してみる場合は、サンプルお絵かき掲示板からどうぞ。投稿もお気軽にお試しください。

次のステップは、Windows8のModernUI対応かなと思っています。Windows8でタブレット端末が普及して、イラストSNSがもっと流行するといいですね。

iPadでも動くHTML5のお絵かきチャットを公開しました

イラストブックの新サービスとして、iPadでも動くお絵描きチャット、イラブチャットを公開しました。

logo


一覧大きな特徴は、iPadやiPhoneでも使えることです。タッチデバイスに最適化した大きめのインタフェースを備えています。

ipad


お絵かきツールとしても、比較的高機能になっていまして、サーバに送るまでの間であればUNDO/REDOもできますし、2枚までならレイヤーも使用できます。色はカラーバーで選択でき、アルファチャンネルも使用できます。

IMG_0123


イラブチャットで描いたイラストは、簡単にイラストブックの掲示板に投稿したりすることもできます。お絵かき掲示板システムとコードを統合したので、お絵かき掲示板で追加した機能は全てイラブチャットにも自動的に反映されていい感じです。

bbs


内部的には全てHTML5のCanvasで実装しています。大まかなアーキテクチャは、GitHubまでどうぞ。

ということで、ぜひぜひお試し頂ければ幸いです!

イラブチャットのページへ

イラブペイントiPad版をバージョンアップしました

イラストブックのHTML5で作っているiPad用のお絵かきツールをバージョンアップしました。PCから試す場合はこちらから実行できます。

ilbpaint


今回のバージョンアップで、カラーバーとHSV色空間による色の選択や、2枚のレイヤー、消しゴム、スポイトなどが追加されています。これで、そこそこまともな絵もかけるようになったと思います。

後、こっそり、イラストブックのリアルタイム系の新サービスも準備していて、こちらは5/12(土)あたりに公開予定です。

イラストブックのお絵かきツールを重点強化

ゴールデンウイークの自由研究ということで、イラストブックのお絵かきツールを重点的に強化しています。一昨年のGWはイラストブックの立ち上げ、去年のGWはAndroid版のメトセラの立ち上げと、新しいことをすることが多かったのですが、今年はリソースの集中ということで、イラストブックを出来る限り強化する方向で遊んでいます。

ということで、このGWで実装した大きな機能をご紹介します。

レイヤー上限数の撤廃


layer7

今まで、レイヤー数は最大で6枚という制約があったのですが、6枚を超えて自由にレイヤーを増やせるようになりました。

エアブラシツールの追加


bokasi

ブラシの境界をぼかすことができるようになりました。ぼかしの設定はスライダーになっていて、0〜15の範囲でぼかしレベルを設定することができます。

slider


今までよりも細いペンの追加


thin

従来の半分の細さの線が引けるようになりました。

矩形ツールの追加


rect

漫画の枠線などに便利に使える矩形ツールを追加しました。

フォント選択機能の追加


font

文字に使うフォントを選択できるようになりました。

自由選択ツールの追加


free_select

今までは矩形でしか選択できませんでしたが、自由領域で選択できるようになりました。また、分かりにくかったペーストの挙動を改善しました。

掲示板システムの改良


ブックマークしている掲示板にサムネイルを追加したり、全体的なパフォーマンスを改善したりしています。


まとめ


今回の改良は、イラストブックアンケートで頂いた要望から重点的に実装していきました。他、要望などありましたら、どしどしアンケートまで頂ければ幸いです!

イラストブックのソースコードをgithubで公開しました

イラストブックの掲示板システムのソースコードをgithubで公開しました。ソースコードはhttps://github.com/abars/illustbookから参照でき、MITライセンスで自由に使用することができます。

まだコードを整理中で微妙な所も多いですが、AppEngineの開発の参考になればと思います。githubをメインのブランチとして使用しますので、今後も随時、更新していく予定です。また、細かなノウハウは、https://github.com/abars/illustbook/wikiにまとめていく予定です。
Search
Profile

abars

アプリとWEBサービスを開発しています。最近はUnityとGAE/pyが主戦場。

ブラウザ向けMMOのメトセライズデストラクタ、イラストSNSのイラストブック、東証の適時開示情報を検索できるTDnetSearchを開発しています。

かつてエンターブレインのTECH Win誌でATULADOを連載しました。

サイト:ABARS
Twitter:abars
Github:abars

Twitter
TopHatenar
HotEntry
Counter

アクセス解析付きカウンター。あなたのBLOGにもどうですか?登録はこちらから。

TOP/ BLOG/ LECTURE/ ONLINE/ RUINA/ ADDON/ THREAD/ METHUSELAYZE/ IPHONE/ MET_IPHONE/ ENGLISH/ RANKING