UnityのWebCamTextureはデバイスによって回転された画像が取得されるため、画像認識を行う際、適切に回転させる必要があります。デバイスによって取得できる値をまとめました。使用した環境はUnity5.5です。

パラメータ
パラメータ名内容
videoRotationAngle右回りの角度 (度) を返します。多角形を回転させるためにその値を使用し、カメラのコンテンツを正しい向きで表示できます。
videoVerticallyMirroredテクスチャ画像が垂直に向きをかえているかどうか。

実機での取得値
デバイスvideoRotationAnglevideoVerticallyMirrored
MacPro20130False
iPadPro 2018 Landscape Incam180True
iPadPro 2018 Landscape Outcam0True
iPadPro 2018 Portrait Incam90True
iPadPro 2018 Portrait Outcam90True
GeminiPDA Landscape Incam180False
GeminiPDA Landscape Outcam--
GalaxyS8 Portrait Incam90False
GalaxyS8 Portrait Outcam270False

コードとしては、angle=90もしくはangle=270の場合は出力のxy軸を反転、angle=90もしくはangle=180の場合は出力の垂直反転でいけるようです。