Gear VRの最大の問題は熱です。Galaxy S6で動画を見ていると、15分程度で熱の警告が表示され、フレームレートが大きく低下します。

この問題は、Galaxy S6をファンで冷却することで改善することができます。具体的には、扇風機の前でプレイするか、サンワダイレクトのスマートフォンクーラーで冷却することで、改善します。

IMG_2300


しかし、サンワダイレクトのスマートフォンクーラーは、ホールド力が弱く、うまくGear VRに固定できず、ストラップを通して無理やり固定したため、視力調整が難しくなってしまいました。また、クーラー自体もMicro USBで充電しないといけないのが不便です。その結果、ほとんど使わず、扇風機で対処していました。

Galaxy S8では、SOCのプロセスの進化の恩恵で、劇的に熱問題が改善しています。以下の記事では、GearVRをサーマルカメラで計測したところ、同条件で、Galaxy S7が50度、Galaxy S8が39度まで改善することが示されています。

Galaxy S8 vs. Galaxy S7: Which is best for VR?

実際、Galaxy S8を使い始めた以降、動画・ゲーム・インターネットのいずれでも、一度も熱警告は発生していません。

Galaxy S6では負荷の低いアプリでも熱警告が頻発するため、Gear VRを使用する場合、Galaxy S6ではなく、Galaxy S8を選択するのがよさそうです。