Mac Fan 2017年5月号の35ページに記載のとおり、macOS 10.12.3から、Mac Pro 2013でLG Ultrafine 5k displayが5k解像度で使用できるようになりました。Mac Pro 2013はThunderbolt2しか搭載しておらず、5kを出すにはThunderbolt3の帯域が必要なはずなのですが、ハードウェアを限定できるAppleの強みで規格外の信号を流しているのか、なぜか繋がるようになったようです。

ということで、実際につなげてみました。

IMG_2223


必要なものは、Apple アップル純正 Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタと、Apple Thunderboltケーブルです。Mac Pro 2013にThunderboltケーブルを刺し、Thunderbolt3 - 2アダプタをLG Ultrafine 5k displayに接続します。それだけで何の問題もなく、5k表示できました。

LG Ultrafine 5k displayはマットブラックの質感がとても良く、まるでApple純正ディスプレイのように完成度が高いです。以前は、DELLの4kディスプレイを使っていたのですが、スリープからの復帰が50%程度の確率で失敗して、ディスプレイの電源をON/OFFして復帰させるのがとても面倒でした。LG Ultrafine 5k displayに変えてからは、スリープからの復帰に失敗することは一度もなく、とても快適につかえています。

一点、ボリュームの1メモリの差がとても大きすぎて、ボリューム調整でAlt + Shift + ボリュームボタンを使わないといけないのが気になるくらいですね。

いいディスプレイです。