GoogleのBigQueryに企業の時価総額とバランスシートを入力して、GoogleDataStudioで分析してみました。使用した元データは、TDnetSearchで収集したものを、BigQueryのStreamingAPIで書き込んだ後、以下のSQLで最新の四半期を抽出しています。Show OptionsでUse Legacy SQLのチェックを外す必要がありました。

SELECT *
FROM AppEngine.Xbrl AS m
WHERE NOT EXISTS (
    SELECT 1
    FROM AppEngine.Xbrl AS s
    WHERE m.code = s.code
    AND m.sec < s.sec
);

以下、分析結果です。分析対象は3426社です。画像はクリックで大きくなります。
pbr_per

横軸がPBR、縦軸がPERの、東洋経済などでたまに見るグラフです。左下にいくほど、割安です。経営危機にゆれるタカタが目立ちますが、企業数が多すぎてよくわからない感じになりますね。

nnr_roe

横軸がネットネット倍率、縦軸がROEのグラフです。バリュー株を分析するには、こちらの方が見やすいですね。こちらは、右上にいくほど、割安です。図書印刷が特出していますが、リクルート株売却に伴う投資有価証券売却益によるものなので、持続性は低いですね。ただ、凸版印刷によるTOBの可能性もある気はするので、妙味はあります。他、横浜丸魚と丸八ホールディングス、知多鋼、キクカワあたりが割安そうな気がします。小田原機械も安いのですが、開発投資が膨らんでいるのが気になりますね。

marketcap_per

横軸が時価総額、縦軸がPERのグラフです。小型株でないと、極端に低いPERは得られないことがわかります。

分析に使用したデータのCSVを以下に置きましたので、インポートして、Google Big QueryとGoogle Data Studioで使ってみることもできます。使用方法は、”Google Data Studioを使ってGoogle先生の分析エコシステムにいいように取り込まれる”がオススメです。カラム名の日本語対訳はTDnetSearchを参照して下さい。

tdnetsearch_20170418.csv (トヨタなどが取得できていなかったので差し替えました)

合わせて、TDnetSearchでも分析グラフを表示する機能を追加しました。こちらもぜひご利用下さい。

追加で、1年前の時価総額と、今年の時価総額の変化率も計測しました。クエリは以下。

SELECT oldest.*, latest.marketcap/oldest.marketcap AS rate_of_marketcap_increase

FROM 
( SELECT * FROM AppEngine.Xbrl AS m
WHERE NOT EXISTS (
    SELECT 1
    FROM AppEngine.Xbrl AS s
    WHERE m.code = s.code
    AND m.sec < s.sec
) ) AS latest 
JOIN 
(SELECT * FROM AppEngine.Xbrl AS m2
WHERE NOT EXISTS (
    SELECT 1
    FROM AppEngine.Xbrl AS s2
    WHERE m2.code = s2.code
    AND m2.sec > s2.sec
))  AS oldest
ON latest.code = oldest.code

nnr_marketcap

ネットネット倍率に対する、2016年から2017年の時価総額の増加率です。1年という短い期間だと、水準訂正のカタリストは起きにくいようですね。ただ、下値が抑えられているという傾向は見て取れます。