TOPIXなどのインデックスファンドが投資先を東証に限定しているため、名証の銘柄は割安に放置される傾向があります。そのため、名証から東証に市場変更すると水準訂正が起きる可能性が高く、好業績の名証銘柄を買っておくというのは、長期保有できるのであれば、よい戦略なのではないかと思います。

ということで、名証の割安銘柄です。どの銘柄も、財務良好で、割安です。

中部日本放送

TBS系の放送事業者。不動産賃貸も。
株価631円、PER8.16、PBR0.34、配当利回り3.49%、自己資本比率75.6%。

愛知電機

中部電力系の変圧器メーカ。モータ製造も。
株価330円、PER6.3、PBR0.36、配当利回り3.64%、自己資本比率50.9%。

中部鋼鈑

国内最大級の電炉保有の厚板専業メーカー。産業機械向けが主力。
株価504円、PER6.77、PBR0.28、配当利回り2.78%、自己資本比率88.1%。

ちなみに、リストにはエスラインもいたのですが、原油安に伴う好業績のため株価が高騰してしまいました。エスラインは、東証への市場変更の布石か、株主数を増やすため、株主優待の新設を発表しています。