iPhone5の最大の欠点はSuicaが使えないこと、ということで、ケースとViewSuicaカードを使っておサイフケータイにしてみました。

コンセプト


基本的なコンセプトとしては、iPhoneのケースにオートチャージのSuicaを入れて使います。ただ、普通のケースだと、どれも過剰に装飾されていて、iPhoneのデザインを崩してしまいます。そこで、Half for iPhone5を使います。



従来のLOCO High Glossy Caseよりも、とても薄く、軽くなっています。

IMG_0055




Half for iPhone5には電波干渉防止シートが含まれているので追加の出費も無くお買い得です。これは、iPhoneとSuicaの間に挟み込むシートで、iPhoneの発する電波によってSuicaが読み込めなくなるのを防ぎます。

チャージ


ケースに入れてしまうと、駅の券売機ではチャージできなくなるので、ViewSuicaカードのオートチャージ機能を使います。オートチャージ機能では、Suicaの残高が一定金額以下になると自動的にクレジットカードからチャージされます。さらに、モバイルSuicaには無いメリットとして、1.5%分のポイントが付きます。ViewSuicaカードは種類があるので、好きなものを選ぶといいと思います。個人的には、年会費無料のビックカメラSuicaカード年会費500円のアトレカード年会費1000円のルミネカードがオススメです。僕はルミネカードを使っています。ビックカメラSuicaは定期券にはできないので注意です。

しかし、オートチャージにも欠点があって、コンビニでは残高が少なくなってもオートチャージされません。そこで、WEBからチャージするために、Suicaインターネットサービスに登録します。これは、Windows PCとIEとパソリが必須です。また、ViewSuicaカードからしかクレジットチャージはできません。



最近、Bluetoothで使えるパソリも発売されましたが、Edyしかチャージできず、Suicaのチャージはできないので注意です。

まとめ


ということで、iPhone5で快適おサイフケータイ生活しています。コンビニや電車でサイフを出さなくてよいというのは、想像以上に快適です。

さらに強者の技としては、Suicaカードを溶かして、基盤だけを取り出して、iPhoneを分解した中に組み込むというのもありますのでお好みと自己責任でこちらもどうぞ。