ファーストサーバのデータ消失が話題です。データ消失はサービス運営において一番のリスクで怖いですね。レプリケーションではプログラムのミスによるデータ消去を回避できないので、定期的に、別系統へのリードオンリーのコピーを作成しておいて、最悪、そこまではロールバックできるようにしておく必要があります。

そこで、今回はGoogleAppEngineでのDataStoreのバックアップ方法を紹介します。AppEngineでDataStoreのバックアップを取るには、AdminConsoleにログインして、DataStoreAdminを選択します。

backup1


保存したいEntityを選択して、BackupEntitiesをクリックします。

backup2


バックアップは、2GBのデータで30分程度で終了します。

保存先は、BlobstoreとGoogleCloudStorageを選択できます。GoogleCloudStorageは5GBまで無料で$0.12/GB/Monthです。BlobStoreも5GBまで無料で$0.129/ GB/Monthです。ほとんど変わらないのでお好みで選択して大丈夫そうです。

バックアップデータからの復元も、DataStoreAdminから簡単に行えます。

restore


後は自動スケジューリングが出来ればばっちりですね。ここは、バージョンアップに期待です。