ここ最近、スマートフォンの急速な普及で、ガラケーのコンテンツプロバイダは減益が続いており冬の時代だったのですが、そろそろ風向きが良い方向に変わりそうな気がしています。

そもそもiModeで、多くのコンテンツプロバイダが上場できるくらい利益を上げられたのは、月額課金の仕組みのおかげでした。月額課金は、一度有料会員登録すると、あまり使わなくなったとしても、なかなか止められないのが特徴です。

なぜ止められないかというと、「また使うかもしれない」「セーブデータや利用履歴が蓄積していくので消えるのがもったいない」「月々の料金が数百円程度なのでわざわざ解約するのが面倒」だからです。

「また使うかもしれない」「もったいない」「捨てるのが面倒」ということで、物を捨てられない理由と同じですね。断捨離があれだけブームになるということは、それだけ捨てられない人が多いということで、同様に、ガラケーコンテンツの月額課金も止めにくいというのがあるように思います。

そして、なぜガラケーユーザがスマートフォンに買い換えると減益になるかというと、スマートフォンでは月額課金ができない(できなかった)ので、スマートフォンに買い換えた瞬間に自動的にiModeのサービスを解約させられるからです。スマートフォンへの移行に伴って自動的に毎月数万人減っていく会員数、コンテンツプロバイダには厳しい感じでした。

zap2

参考:ザッパラスさんの株価

正直、もうダメかと思われていたのですが、先月、dメニューが始まりました。これが素晴らしすぎて、従来、スマートフォンに変えると、月額課金していたサービスは全て自動的に廃止されていたのが、dメニューが始まったことで、スマートフォンに対応しているサービスであれば、自動的に引き継がれ、課金が継続されるようになりました。(マイメニュー引継ぎ対応サイトの情報提供について)どう変わったかは、ザッパラスさんの決算説明会資料が詳しいです。

zap

引用元:ザッパラスさんの決算説明会資料

今まで、自動的に解約されていたのが、自動的に引き継ぎになったんですね。これで、再び「また使うかもしれない」「もったいない」「捨てるのが面倒」という状態になったので、この状況からユーザが自分で解約まで持っていくのは結構手間です。

ということで、第三四半期から、会員数の減少は底打ちし、意外とコンテンツメーカも復活してくるんじゃないかなという気がしています。

最後に、モバイル業界別に今後の予想をまとめてみます。

業種商品〜2011年11月2011年12月〜
コンテンツプロバイダ(WEB)占いとか苦しい持ち直し?
コンテンツプロバイダ(電子書籍)コミックとか苦しい持ち直し?
コンテンツプロバイダ(ゲーム)JAVAアプリとか苦しい移植コストがかかるのでまだ少し苦しい
コンテンツプロバイダ(SNS)SNS向けゲームとか好調PCを考えなくていいのでHTML5への移行は意外と問題無く進み好調継続
ミドルウェアベンダーOS、ブラウザとか苦しいガラケー出荷数減が続きさらに苦しい